送信中

シンプルワークス

デザイナーブログ

2016/11/25

閲覧 21

マルイのロゴマーク

今回はショッピングセンターのマルイのロゴの紹介です。

 

福岡県民の私には馴染みのないマルイでしたが、今年博多に九州初のマルイ

が誕生しました。すでに福岡でも、若者のファッションの中心として一翼を担

っています。

 

まずマルイのロゴマークの第一印象ですが確実に読めません。

 

初めて拝見した際、ゼロイチゼロイチの数字の羅列なのか、オイオイと読むのか

混乱したことを思い出します。

 

どうやら調べてみると、マルイの全店舗の電話番号の末尾4桁が0101であり

これに由来しているという説が有力のようです。

 

これを知ってなるほどと思うわけもなく、より謎は深まるばかりです。

 

私にとって読めないロゴは、走らない車と同じようなものだという考えですが

多くの人が、なぜマルイは「OIOI」何だろうとロゴマークに興味を持つように意図

しているのであれば、非常に面白いロゴマークなのかもしれません。

 

マルイホームページ:https://www.0101.co.jp

                         

                         株式会社シンプルワークス
                               ロゴデザイナー小宮

2016/11/24

閲覧 20

森永製菓のロゴマーク


今回は、僕の最も好きなロゴデザインといっても過言ではない森永製菓の紹介です。

 

森永製菓のロゴマークというよりは、エンゼルマークと呼んだほうが皆さんは想像

やすいと思います。

 

森永製菓のロゴマークは、創業当初の人気商品だった「エンゼルフード」が起源と

なっており、100年以上前に誕生した初代からエンゼルがモチーフにされています。

初代のデザインは、昭和61年まで使用された6代目まで引き継がれ、マイナーチェンジ

を繰り返してきました。

 

その後、1984年に起きた「森永グリコ事件」きっかけに、企業イメージの転換と海外

戦略を色濃く打ち出すために、大幅なリファインを行い、1986年に現在のロゴマーク

が誕生しています。

 

森永製菓のイニシャル「M」とエンゼルのシルエットをうまく組み合わせたロゴマーク

で、新たにコーポレートカラーとして赤色が採用されました。

 

このロゴマークの美しさの要因は陰影にあると思います。

 

左右対称にすることも可能なデザインですが、左上から光源を当てた加工で陰影を作り

非対称に表現されています。これによって、エンゼルの顔や翼がより立体的に表現され

躍動感や力強さが生まれています。

 

また、エンゼルの顔に天からの光が差しているように見え、神々しさと慈愛に満ちた表情

が際立って浮かび上がっています。

 

創業以来ロゴマークのマイナーチェンジを繰り返してきた森永製菓ですが、現在デザインは

30年間全く手をつけられていません。それほど完成されたデザインであるという事は言うま

でもないでしょう。

 

森永製菓ホームページ:http://www.morinaga.co.jp

                         

                         株式会社シンプルワークス
                               ロゴデザイナー小宮

2016/11/23

閲覧 21

すみだ水族館のロゴマーク


東京を訪れた際にすみだ水族館に足を運び、クラゲやペンギンなど様々な生き物を見学

しましたが一番印象に残ったのがこのロゴマークでした。

 

水族館のシンボルとして、入場券、看板、装飾、グッズなど様々な場所で実際に目にす

ることができました。

 

第一印象として、「魚」「三角形」「シンプル」「スタイリッシュ」などが挙げられる

と思いますがデザインの美しさだけではなく、非常に面白いギミックが隠されています。

 

このロゴマークは、魚を形取っているパーツが「ブロック」をイメージしており、組み方

を変えることで、亀やペンギンなど違った生き物に形を変わる「可変性」を持っています。

 

水族館を訪れる子供たちの、好奇心やワクワク感を掻き立てるような遊び心が、細かい部分

まで計算されており、ロゴマーク一つでも来場者を楽しませてくれる心遣いやデザインのも

つ可能性を感じ取ることができます。

 

すみだ水族館ホームページ:http://www.sumida-aquarium.com

                         

                         株式会社シンプルワークス
                               ロゴデザイナー小宮

2016/11/21

閲覧 17

九州電力のロゴマーク


九州地方に住む私にとって、九州電力のロゴマークは非常に馴染み深いものです。

 

子供の頃から幾度と目にしているデザインですが、デザイナーになって改めて見ると

素晴らしいデザインだとつくづく感じます。

 

このロゴマークのポイントは、事業と事業地域が単純明快に描かれている点です。

 

まずパッと見てわかるのが、稲妻のような表現です。

長方形をずらして重ねることで、シンプルに稲妻が表現されており、これは九州電力

の「電力事業」を表しています。

 

次は、全体像を見ていただきたいと思います。

 

日本地図を見たことがある人間であれば、簡単に気づいたと思いますが

このロゴマークは九州地方の地形がモチーフにされています。

 

さらに7つの長方形でデザインすることで、九州7県を表しています。

 

読んで字のごとく「九州」と「電力」という情報が、シンプルなロゴマーク

の中にきっちりと詰め込まれており、デザイナーのスキルを存分に味わうこと

のできる素晴らしいデザインです。

 

九州電力ホームページ:http://www.kyuden.co.jp

                         

                         株式会社シンプルワークス
                              
ロゴデザイナー小宮

2016/11/18

閲覧 20

資生堂のロゴタイプ


男性には決して身近ではないが、誰もが知っている化粧品会社、資生堂。

 

「一瞬も 一生も 美しく」というスローガンの元、多くの女性を美しく変えてきた
資生堂ですが、そのこだわりや美しさはロゴデザインにも現れています。

 

資生堂にはロゴマーク、和文ロゴタイプ、英文ロゴタイプがそれぞれ存在していますが

今回は英文ロゴタイプをピックアップみようと思います。

 

まず驚いたのが、この英文ロゴタイプはおよそ90年前に完成しているということです。

 

過去と現在のものを比べてみると多少厚みが増している程度で、幹となる骨組みには
全く手がつけられておらず、その美しさは今も健在です。

 

一目見てわかるように、このロゴタイプの一番の特徴は「SHISEIDO」の「S」にあります。
「S」を斜体化し、流れるような繊細な線で描いています。本来このような加工は視認性
を削いでしまいがちですが、このロゴタイプは決してそんなことはありません。
「S」としてしっかりと視認性を保ちながら、美しさやしなやかさに加え、凛とした印象
を与えています。

 

その他にも、心地よい風を浴び美しい髪がなびいているようにも見え、今にもいい香りが
漂ってくるような、そんな錯覚に陥ってしまうほど「女性美」を強く感じるデザインです。

 

単にロゴタイプとしての美しさだけでなく、資生堂のコンセプトや功績と合わせて捉える
ことで大勢の女性を彩ってきた歴史と、変わらぬ美への探究心を感じ取ることができます。


資生堂ホームページ:http://www.shiseido.co.jp


                                          

                         株式会社シンプルワークス
                               ロゴデザイナー小宮

アルファベット

業種

モチーフ

価格