ロゴマーク作成に必ず役立つロゴマークラボ

ビットマップ系グラフィックソフト

閲覧回数:1,321

dotやpixelといった、点の集合によってイラストや画像を表現するソフト。
有名なソフトとしてAdobe PhotoshopやGIMPなどがある。
点の集合によって表現された画像をビットマップ画像(もしくはラスター画像)と呼ぶ。
濃淡のあるものや、色が複雑に変化するものに適しているが、解像度によって画質が左右されるため、拡大や縮小、変形を繰り返すと画質が落ちる。

ビットマップ系ソフトに対する言葉としてドロー系グラフィックソフトがある。

▼ビットマップ系グラフィックデータ(Photoshop)で加工したデータ
photoshopデータを拡大したもの

▼ドロー系グラフィックソフト(Illustrator)で加工したデータ
Illustratorデータを拡大したもの

ユウ局員@北海道
ユウ局員@北海道
ロゴマークライター/エディター

北海道を中心に活動している30歳女性。「少しむずかしいことを素人の目線から分かりやすく伝える」をモットーに、ロゴマークについて日本で最も分かりやすい記事を書くと決意。

現在記事作成中。

ページの先頭へ

アルファベット

業種

モチーフ

価格