ロゴマーク作成に必ず役立つロゴマークラボ

超初心者でもわかるカラーモード

閲覧回数:7,100
カラーモード,RGB,RGBカラー,CMYK,CMYKカラー,印刷物,色料,ロゴマークラボ,ロゴマーケット,logomarket

1.はじめに

ロゴマークを作成する際や、依頼する際に「カラーモード」「CMYK」といった言葉を見かけたことはありませんか?名前の意味合いから、なんとなく色合いに関する言葉を指しているんだろうな…と漠然と捉えている方も多いのでは。

実はこのカラーモードという言葉、制作物の出来栄えを左右する、とても重要な言葉の一つ。カラーモードの選び方を間違えると、イメージ通りの制作物に仕上がらないこともあります。この機会にクリエイターだけでなく、ロゴマークを依頼する方もぜひ覚えておいてください。

Point:「カラーモード」「CMYK」は、制作物の出来栄えに関わる大事な言葉

2.カラーモードとは

カラーモードとは、印刷物やWEBに掲載されている画像やイラスト、図形の色を表現する方法のこと。カラーモードは一つではなく、表現媒体によっていくつか種類があります。
例えば今ご覧になっているWEBサイトは、R(赤)・G(緑)・B(青)という光の三原色によって多彩な色を表現しています。この表現方法をRGBカラーと言いますが、これがWEBサイトでのカラーモードとなります。
一方、チラシやパンフレットなどの印刷物をフルカラーで印刷する場合は、光ではなく色料によって、多彩な色を表現します。このとき、C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)・K(ブラック)の4色によって色を表現するカラーモードをCMYKカラーと言います。

他にも白と黒の2色で色を表現するモノクロ2階調や、フォトCDなどで利用されるLabカラーなど、さまざまなカラーモードが存在します。カラーモードは画像やイラストを制作する際、Illustratorや画像編集ソフトなどで選ぶことができるため、表現媒体に合わせて適切なカラーモードを選ぶ必要があります。
ここでは特に、印刷物やWEBサイトなどに関わる「RGBカラー」と「CMYKカラー」について、より詳しくご説明します。

Point:カラーモードは制作物(表現媒体)によって適切なものを選ぶ必要がある

3.光の三原色からなるRGBカラー

前述のとおり、WEBサイトで表示される色などを表現するRGBカラーは、光の三原則であるR(赤)・G(緑)・B(青)によって表現されます。
赤・緑・青それぞれのフィルムを貼った懐中電灯で一か所を照らすと、白く見えますよね。このように、3色を混ぜると白に近づくことから「加法混色」とも呼ばれています。
WEBサイトだけでなく、デジカメのモニターやスキャナーなどのカラーモードもRGBカラーとなっています。

Point:RGBカラーはWEBサイトやデジカメのモニターなど、映像に関するカラーモードのこと

4.印刷物で使用されるCMYKカラー

一方CMYKカラーの場合は、C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)の色料の三原色だけでなく、K(ブラック)も必要となります。これは色料の三原色だけでは、鮮やかな黒を表現することができないためです。とはいえ、C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)の3色を混ぜると、黒色に近づいていくことから「減法混色」とも呼ばれます。
印刷物は主にこのカラーモードが採用されています。万一間違ってRGBカラーで印刷会社に入稿してしまった場合、自動的にCMYKカラーに変換されることもありますが、思った発色に仕上がらないことがあるため、注意が必要です。こうした点から、データ不備として戻されることも少なくありません。

Point:CMYKカラーは印刷物などで利用されるカラーモードのこと

5.RGBカラーとCMYKカラーの違い

一見同じように感じる2つのカラーモードですが、決定的な違いがあります。それは再現できる色の範囲です。CMYKカラーはRGBカラーに比べて、表現できる色数が限られています。そのためCMYKカラーで印刷すると、イメージしていたものよりも少しくすんだ仕上がりになってしまいます。

デジカメで取った写真を印刷した場合、モニターで確認した画像よりも写真が少しくすんでるなと感じたことはありませんか?解像度の違いなどもありますが、こういった点でRGBカラーとCMYKカラーの違いが表れるのです。
RGBカラーを完全にCMYKカラーに置き換えることはできません。ですから印刷物を作成する際は、RGBカラーではなくCMYKカラーで作成する必要があるのです。

Point:CMYKカラーはRGBカラーよりも表現できる色数が限られているため、間違って設定すると思ったような発色に仕上がらないことも

印刷後にイメージの違いに気づくのは、金銭的にも時間的にも大きな痛手となります。クリエイターがカラーモードに注意するのはもちろんのこと、依頼する側もカラーモードに関する知識を持っておけば、クリエイターとの話がスムーズに進みます。よりよいものを完成させるためにも、依頼主もカラーモードに対する認識は持っておいたほうがよいでしょう。

6.まとめ

■カラーモードは画像やイラスト、図形の色を表現する方法のこと
■よく利用するカラーモードはRGBカラーとCMYKカラー
■RGBカラーとCMYKカラーの違いは再現できる色の範囲
■印刷物はCMYKカラーで作成を!

ユウ局員@北海道
ユウ局員@北海道
ロゴマークライター/エディター

北海道を中心に活動している30歳女性。「少しむずかしいことを素人の目線から分かりやすく伝える」をモットーに、ロゴマークについて日本で最も分かりやすい記事を書くと決意。

現在記事作成中。

ページの先頭へ

アルファベット

業種

モチーフ

価格