ロゴマーク作成に必ず役立つロゴマークラボ

PNG

閲覧回数:2,443

画像データ形式の一つ。Portable Network Graphics(ポータブル・ネットワーク・グラフィックス)の略。拡張子は「.png」。
可逆圧縮という方法でデータを圧縮しており、何度リサイズを繰り返しても、基本的に画質が落ちることはない。
そのため、スクリーンショットやイラストなどの画像データの形式として使われることが多い。
また、透明色を表示することができるため、透明色を利用する場合にも重宝される。

他方、同じ大きさのJPGデータ等に比べて、容量が大きくなりがち。色数の多いものだと、容量が膨大になってしまう。PNGを使用する際は、色数の少ないものやグラフィック画像、画質を重視したいものなど、用途を決めたほうがよい。

※関連記事
初心者でも分かるPNGとGIFの違い

ユウ局員@北海道
ユウ局員@北海道
ロゴマークライター/エディター

北海道を中心に活動している30歳女性。「少しむずかしいことを素人の目線から分かりやすく伝える」をモットーに、ロゴマークについて日本で最も分かりやすい記事を書くと決意。

現在記事作成中。

ページの先頭へ

アルファベット

業種

モチーフ

価格