ロゴマーク作成に必ず役立つロゴマークラボ

超初心者でもわかるJPG・PNG

閲覧回数:9,652
JPG,PNG,jpg,png,画像形式,画像,保存方法,ロゴマーク,ロゴ,logo,ロゴタイプ,ロゴマークラボ,ロゴマーケット,logomarket

1.はじめに

写真や画像、ロゴデータをパソコンで確認する際、名前の後ろに見かける「.jpg」「.png」などの文字。これが画像やイラスト、写真などの静止画を圧縮する方式、つまり画像のデータ形式を表していることは、ご存じの方も多いでしょう。
しかし、「.jpg」や「.png」とはどんな画像形式なのか、そしてそれぞれの違いはどこにあるのか…。ここまでご存じの方は多くありません。
使い方を間違えると画像サイズが重くなってしまったり、画質が悪くなることもあります。それぞれの特徴を知り、ぜひ用途に応じて画像形式を使い分けてみてください。

Point:「.jpg」と「.png」の違いについて知ろう

2.JPGとは

有名な画像形式の一つであるJPG。デジカメやスマートフォンの写真データにも、この形式が採用されているため、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
「JPEG」と表記されることもありますが、基本的には同じものです。ピクセルやドットと呼ばれる粒子の集まりによって、画像を表示しています。

写真データにJPGが採用されている理由、それは色数の多い画像の表示に向いているから、そして大きい画像のサイズをできるだけ軽くすることができるからです。たくさんの画像を保存することを考えると、これは大きなポイントとなります。

しかし、この「サイズを軽くする」というポイントが、JPGのデメリットにもなります。JPGは非可逆圧縮という方法で画像データを圧縮しています。つまり、サイズを軽くすると、画質が落ちてしまうのです。圧縮率を自由に設定することはできますが、圧縮率を低くしても、画像を拡大した時の粗さはあまり変わりません。しかも、圧縮を繰り返す(画像を繰り返し小さくする)と、画質はどんどん悪くなっていきます。

この粗さは、特にロゴマークなどのグラフィックで顕著に見られます。例えばロゴマークをJPGで保存し、拡大縮小を繰り返した後画像を拡大すると、ところどころにノイズが入っているのが確認できると思います。また、なめらかな曲線や細部が潰れてしまうため、美しく表示できないこともあります。そのためJPGは、写真などの自然画には向いているものの、グラフィックデザインにはあまり向かない画像形式だと言えます。写真であっても、圧縮のたびに画質が悪くなってしまうので、元データを編集せずに、コピーデータを編集する方がよいでしょう。

Point:JPGはたくさんの画像を保存するには向いているが、圧縮を繰り返すと画質が悪くなるというデメリットがある

3.PNGとは

非可逆圧縮のJPGとは違い、可逆圧縮を採用しているのがPNGです。可逆圧縮のため、拡大縮小を繰り返しても画質が落ちないというのが大きな特徴となっています。他にも、透過で書き出せるという特徴もあり、ロゴマークを始めとしたグラフィックを保存する画像形式としてよく利用されています。
一方、画像が小さくてもサイズが大きくなってしまいがちなのがPNGの大きなデメリット。例えばWEBサイトの場合、画像サイズが重すぎると表示に時間がかかってしまいます。また受け渡しの際も、サイズが重いと何かと大変です。その他にも、今では少なくなりましたが、古いブラウザでは表示されないこともありますので注意が必要です。

ちなみにPNGには、PNG-8とPNG-24という2つの種類があります。PNG-24の方が、より滑らかで美しい画像を表示することができますが、その分サイズが大きくなります。
また、色数が少ない画像の場合、JPGよりもサイズを小さくすることもできます。

Point:PNGは拡大縮小を繰り返しても画質が落ちないが、画像サイズが大きくなってしまうというデメリットがある

4.JPGとPNGをうまく使いこなすには

まさに一長一短の特徴を持つJPGとPNG。全ての画像をどちらかに統一するのではなく、適材適所で画像形式を変えれば、より快適かつ美しい状態で、画像を利用することができます。
JPGはホームページを作成する場合や、写真データを保存する際に利用するのがオススメです。単にサイズを落としたい時や、写真のように色数の多い画像を表示する際などに利用するのがよいでしょう。
一方、グラフィックデザインを表示する際や、滑らかさ、細部の美しさを表現したい画像にはPNGを利用するのがよいでしょう。ただ、PNGは同じ画質のJPG画像に比べてサイズが大きくなりがちですので、多用するとサイトが重くなったり、相手にデータを送れないことがあるので、注意が必要です。

Point:適材適所でJPGとPNGを使い分けよう
ロゴマークの場合は色数が少ないので、JPGよりもPNGの方が適していると言えます。どうしてもサイズが大きくなってしまうというのであれば、GIFという画像形式を採用するのもよいでしょう。GIFについては改めてご紹介したいと思います。

5.まとめ

■JPG
 写真やホームページ作成時に向いている。サイズを小さくすることができるが、画質が落ちるというデメリットがある。

■PNG
 ロゴマークなどのグラフィックデザインに向いている。画質は落ちないが、サイズが大きくなりがちというデメリットがある。

■用途によって画像形式を使い分けるのが良い

ユウ局員@北海道
ユウ局員@北海道
ロゴマークライター/エディター

北海道を中心に活動している30歳女性。「少しむずかしいことを素人の目線から分かりやすく伝える」をモットーに、ロゴマークについて日本で最も分かりやすい記事を書くと決意。

現在記事作成中。

ページの先頭へ

アルファベット

業種

モチーフ

価格