ロゴマーク作成に必ず役立つロゴマークラボ

ロゴマークが本当の名前だった! | サーティワンアイスクリーム

閲覧回数:14,037
0105サーティワンロゴマーク

(画像引用元:サーティワンアイスクリーム

さまざまな企業・商品のロゴマークの由来やこだわりなどを紹介する「独断!粋なロゴマーク」。
今回は、全国的なアイスクリームのチェーン店として知られる「サーティワンアイスクリーム」のロゴマークを取り上げます!

1.サーティワンアイスクリームのロゴマークの歴史と由来

元々は米国で誕生したサーティワンアイスクリーム。2014年12月現在、40カ国に展開している世界規模の企業ですが、実は「サーティワンアイスクリーム」が現地の企業名になっているのは、日本と台湾の2カ国だけなのです。発祥の地である米国をはじめ、他の国々では「バスキン・ロビンス」という名前で親しまれています。
実際、ロゴマークをよく見てみると、英語で「Baskin-Robbins」と書かれているのがわかります。ではなぜ「サーティワンアイスクリーム」という名前が使われたのでしょうか。

これはバスキン・ロビンスが創業した当初の販売戦略と大きな関係があります。
創業当初、バスキン・ロビンスでは1ヶ月間(31日)毎日来店しても、違った味が楽しめるという意味で、31種類のフレーバーを用意していることを謳い文句にしていました。創業当初のロゴマークも、企業名より「31」の文字が目立つように作られています。
日本上陸の際、この販売戦略の部分が企業名として使われるようになり、日本では「サーティワンアイスクリーム」として親しまれるようになりました。

0105サーティワンロゴマーク
(画像引用元:B-R サーティワンアイスクリーム

2.うまい!企業名と販売戦略をうまく表したロゴマーク

「サーティワンアイスクリーム」という企業名で展開しているのは日本と台湾だけですが、意外にもロゴマークは全世界共通。その理由は、先程もご紹介したとおり、ロゴマークに「サーティワンアイスクリーム」と「バスキン・ロビンス」の両方が含まれているからなのです。

0105サーティワンロゴマーク
(画像引用元:サーティワンアイスクリーム

日本では「サーティワンアイスクリーム」という名前が浸透しているので、「Baskin-Robbins」の文字の部分に気づかなかった方もいらっしゃるかもしれません。「Baskin-Robbins(バスキン・ロビンス)」のBとRの部分が、うまく「31」を表しているというのは、何とも憎い演出ですね。

ロゴマークはポップで楽しいシーンを思わせるようなフォントが採用されているなど、実際にユーザーがサーティワンアイスクリームを口にするシーンを想定して作られています。商品ではなく、提供するサービスやシーンなどをうまく盛り込んだロゴマーク事例の一つですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

※参考サイト
よくあるご質問(サーティワンアイスクリーム)
※参考書籍
ロゴライフ 有名ロゴ100の変遷(著:ロン・ファン・デル・フルーフト)

ユウ局員@北海道
ユウ局員@北海道
ロゴマークライター/エディター

北海道を中心に活動している30歳女性。「少しむずかしいことを素人の目線から分かりやすく伝える」をモットーに、ロゴマークについて日本で最も分かりやすい記事を書くと決意。

現在記事作成中。

ページの先頭へ

アルファベット

業種

モチーフ

価格