ロゴマーク作成に必ず役立つロゴマークラボ

ロゴガイドラインを決めなかったロゴマーク | PIRELLI(ピレリ)

閲覧回数:3,253
ロゴガイドラインを決めなかったロゴマーク | PIRELLI(ピレリ)

(画像引用元:Autoweek at the Pirelli event at Las Vegas Speedway by Autoweek USA | Frickr

さまざまな企業・商品のロゴマークの由来やこだわりなどを紹介する「独断!粋なロゴマーク」。
今回は、F1やWRCなどにタイヤを共有していることで知られる「PIRELLI(ピレリ)」のロゴマークを取り上げます!

1.PIRELLI(ピレリ)のロゴマークの歴史と由来

PIRELLI(ピレリ)は1872年にイタリア・ミラノで創業したタイヤメーカーです。日本ではあまり馴染みがないタイヤメーカーですが、ブリジストンが発行している「ブリヂストンデータ2014」によると、世界のタイヤ市場シェアで第5位を誇るタイヤメーカーで、ヨーロッパでの知名度が高いメーカーとなっています。
また、世界的に有名なサッカーチーム「インテル・ミラノ」のメインスポンサーでもあります(2015年3月現在)。

そんなピレリのロゴマークは、Pの字が横に長く伸びたもの。とても印象的なこのロゴマークは、タイヤの弾力性を表しており、1914年にその原型となるデザインが生まれています。
このロゴマークが採用される前に、一度ロゴマークの変更があったものの、ピレリのロゴマークは公式にはほとんど変わっていないため、100年以上人々に親しまれている数少ないロゴマークの一つだと言えます。

このピレリのロゴマークは、タイヤにもあしらわれています。特に、2011年からF1に供給しているタイヤには、種類によってカラーの異なるロゴマークをプリントするという取り組みを実施。タイヤ交換の際のわかりやすさを重視した製品を提供しています。

ロゴガイドラインを決めなかったロゴマーク | PIRELLI(ピレリ)
(画像引用元:観戦塾

2.さまざまなロゴパターンが横行したPIRELLI(ピレリ)

そんなピレリのロゴマークですが、実は作成時に使用ガイドラインを制定していなかったため、1930年頃までには微妙にデザインの異なるロゴマークが多く出回っていました。
その後、明確なガイドラインが設けられることとなり、現在のロゴマークに落ち着いていますが、当時はどれが本物のピレリのロゴマークなのかわからなかったといいます。

企業や商品のブランドイメージを保ち、偽物の横行を防ぐためにも、ロゴマークを作成する際にはガイドラインを必ず制定しておきたいですね。

※参考サイト
ブリヂストンデータ2014

※参考書籍
ロゴライフ 有名ロゴ100の変遷(著:ロン・ファン・デル・フルーフト)

ユウ局員@北海道
ユウ局員@北海道
ロゴマークライター/エディター

北海道を中心に活動している30歳女性。「少しむずかしいことを素人の目線から分かりやすく伝える」をモットーに、ロゴマークについて日本で最も分かりやすい記事を書くと決意。

現在記事作成中。

ページの先頭へ

アルファベット

業種

モチーフ

価格