ロゴマーク作成に必ず役立つロゴマークラボ

最低限知っておきたい、ロゴマークとロゴタイプは何が違うのか

閲覧回数:14,725
WHAT?を持つ男性

1.これだけは知っておきたい!ロゴマークを構成するもの

ロゴマークは、実は和製英語であり、海外では通じません。日本では一般的にロゴマークという言葉が使われていますが、文字はロゴマークに含まれるのか、ロゴマークとは何を指すのかがわかりにくいこともあります。ここではロゴマークを作成するにあたって、制作会社やデザイナーさんとのコミュニケーションの際に、最低限知っておいた方が良い用語を筆者の視点で解説します。

<ロゴマークを構成するもの>
rogotoha

ロゴマークはご覧の通り、シンボルマークとロゴタイプによって構成されます。シンボルマークロゴタイプという言葉は、ひょっとして馴染みが無いかもしれませんが、制作会社やデザイナーによっては会話の中で使用してくることもあります。
また、自分の要望を伝える際にも「シンボルマークの色をもう少し明るいブルーにしてもらえますか」とか「ロゴタイプのフォントの大きさをもう少し大きくしてください」など、意思をスムーズに伝えることができると思います。
理想のロゴマークを作成するために、言葉を使い分けてみましょう。

Point:ロゴマーク、シンボルマーク、ロゴタイプという言葉を使い分けよう

2.ロゴマーク

ロゴマークとは、メインとなるシンボルデザインと、文字部分のロゴタイプをまとめた総称のことです。
ロゴマークを作成する際は、どこまで費用に含まれているのか、文字部分(ロゴタイプ)のフォントも費用に含まれているのか、などを事前に確認した上で依頼するようにしましょう。

Point:ロゴマークはシンボルマークと文字部分のロゴタイプをまとめた総称のこと

3.シンボルマーク

シンボルマークとは、文字通りシンボルとなるメインのマークのことです。一般的には、この部分を指してロゴマークと呼ぶことも多いです。
多くのロゴマークを見てきましたが、シンボルマークを考える際に大事なポイントは3つあると考えます。

  1. 想いやストーリーが込められているか
    やはりこれが一番大事でしょう。単なるデザインではなく、想いやストーリーが込められているからこそ、ずっと愛着を持ち続けられます。
  2. 事業や商品のイメージにあっているか
    事業や商品のイメージにあってなければ、正しいメッセージが伝わらないだけでなく、見る人を混乱させます。クール、シャープ、シンプル、暖かい、リラックスなど、事業や商品のイメージとあったシンボルマークを作成しましょう。
  3. 見やすく、分かりやすく、伝わりやすいか
    そのシンボルマークを見る人がどう感じるか、何を感じるかを想像して作成しましょう。「あっこのマークは!」と思って頂けるよう見やすく、分かりやすく、伝わりやすいデザインだといいですね。

シンボルマークはロゴマークの主役でもあり、もっとも制作会社やデザイナーによって力量が出るところでもあります。上記の点に注意して、想いやイメージを汲み取ってデザインしてくれるか、注意して制作会社を選びましょう。

Point:シンボルマークはロゴマークの主役、想いやストーリーが凝縮されたもの

4.ロゴタイプ

ロゴタイプとは、シンボルマークの下、もしくは右横にあることが多い文字列のことを指します。
フォントと呼ばれる文字デザインには多くの種類があり、知らないと選ぶことがなかなか大変です。他のロゴマークや雑誌などから好みのフォントをイメージしてデザイナーさんに伝えましょう。
指定をしない場合は、制作会社・デザイナーさんが、ロゴマークにあったフォントを選ぶことが多いようです。

Point:ロゴタイプはロゴマークの文字の部分。フォント選びが大事。

5.まとめ

■ロゴマークは「シンボルマーク」と「ロゴタイプ」から構成されている
■シンボルマークはロゴマークのメインになるもの。企業・商品の想いや見るものへの伝わりやすさを考えて作ることが大切
■ロゴタイプはフォント選びが大切

ユウ局員@北海道
ユウ局員@北海道
ロゴマークライター/エディター

北海道を中心に活動している30歳女性。「少しむずかしいことを素人の目線から分かりやすく伝える」をモットーに、ロゴマークについて日本で最も分かりやすい記事を書くと決意。

現在記事作成中。

ページの先頭へ

アルファベット

業種

モチーフ

価格