送信中

ロゴ用語集

ベクター化

ベクタ化とはJPGやPNGなどのラスタ画像をベクタ画像に変換することを表した言葉です。ラスタ画像をベクタ化することで、拡大縮小によるデータの劣化を防ぐことができます。またラスタ画像のロゴマークを印刷する際にも、ベクタ化する必要があります。

ベクタ化とは?

ラスタ画像と呼ばれるデータをベクタ画像に変換することを指します。ベクタ化はIllustratorのほか、オンラインツールや専用のソフトなどでも行うことができます。

ラスタ画像とは?

小さな点の集まりによって構成された画像のことをいい、JPGやPNGなどがラスタ画像に該当します。

ラスタ画像は色数の多い画像の表示に優れており、ベクタ画像に比べてより滑らかに色の変化などを表現することができます。他方、解像度が高ければ高いほど容量が重くなってしまう点や、拡大縮小を繰り返すと画像が劣化してしまうという点が大きなデメリットとなっています。

ベクタ画像とは

一方のベクタ画像は、点ではなく数値で図形を描くため、解像度が高くなってもラスタ画像ほど容量は大きくなりません。グラデーションを描くという意味ではラスタ画像に劣るものの、拡大縮小を繰り返しても画像が劣化しないため、ロゴマークなど繰り返し編集を行うデータの場合はベクタ画像のほうが向いているといえます。

ベクタ化すべき理由

フライヤーやパンフレットなど何度も編集が必要なデータの場合、拡大縮小に応じて画質が落ちるのはつらいものです。こうしたデータをベクタ化することで、画質を落とさずにデータを更新することができます。

また印刷会社にデータを入稿する際にも、ロゴマークなどはベクタ化することが望まれています。ロゴマークをIllustratorで作成している場合は、すでにベクタ画像になっているのでこうした作業は必要ありません。しかし、Photoshopなどで作成した場合やラスタ画像で保存した場合は、ベクタ化して印刷会社に渡すのが一般的ですので覚えておきましょう。

印刷の際はデザイナーにも相談を

ロゴマークを印刷の用途で利用する場合にベクタ化することは、多くのデザイナーが知っていることです。しかし、まれにベクタ化を忘れているデザイナーもいます。またあらかじめ印刷の用途を伝えておかないと、ベクタ化してくれないこともあるので、印刷物として使いたい旨をあらかじめデザイナーに伝えた上で、データを納品してもらうようにしましょう。

ロゴ作成Q&A

マンガでわかるデザイン活用
オーダーメイドロゴ
クレジットカード決済始めました!

アルファベット

業種

モチーフ

価格