送信中

ロゴ用語集

シンボルマーク

ロゴマークを構成するもののひとつで、主にデザイン化されたイラスト(マーク)のことを指します。ロゴタイプとセットになって構成されているものもあれば、シンボルマークだけでロゴマークを構成しているものもあります。ロゴタイプとセットになっている場合でも、使用シーンによってはシンボルマーク単体だけで取り扱われることも多くあります。

シンボルマークとは

対象となる企業や商品・ブランドのイメージをひとつのイラスト(マーク)に凝縮させたもので、その名の通りシンボル(象徴)として扱われることの多いものです。

引用元:https://logomarket.jp/labo/how_to_logomark/

文字をもとにデザインされたロゴタイプよりもデザインの自由度や表現度が高いというのが特徴のひとつ。よいロゴマークだと、それを見ただけで企業名やサービス、商品などを連想させることが可能に。単なる販促用でなく、それ自体が企業・商品の看板となるデザインとして世の中に認識されることもあります。

企業理念や社長の言葉などは、企業を知る上で重要な要素ですが、長い文章はなかなか記憶に残らないという難点があります。ロゴマークなら、文章よりも視認性が高く、印象に残りやすいため、短時間で大きなインパクトを与えることができるのです。

シンボルマークだけで構成されているロゴマークには、ヤマト運輸のクロネコのマークやフジテレビの目玉のマーク、トヨタのエンブレムなどが挙げられます。

シンボルマーク作成時の注意点

前述の通り、シンボルマークは企業や商品のイメージを背負う看板的なデザインとなります。そのため、意図したメッセージやストーリーが見る者に正しく伝わるデザインになっているかどうかを、事前にしっかり吟味・確認する必要があります。

こうしたメッセージが正しく伝わらない、もしくは意図したものとは違ったイメージを抱いてしまうようなシンボルマークを使用してしまうと、場合によっては企業や商品のイメージを大きく損ねることになる可能性も。一度ついたイメージはなかなか消えないため、注意が必要です。

よいシンボルマークを作るためには

以下3つのポイントをデザイナーに伝えた上で、作成をすすめるのがおすすめです。

  • ・シンボルマークに込めたい想いやイメージ
  • ・企業・商品のストーリー
  • ・ターゲット

また作成後のシンボルマークは、できるだけ第三者に確認してもらい、以下3点を確認してもらうのがよいでしょう。

  • ・意図したイメージに沿ったデザインになっているか
  • ・想いやストーリーが伝わるか
  • ・見やすく、分かりやすいか

 

関連記事

ロゴマークに企業の想いを乗せよう(ロゴマークラボ)

良いロゴマーク 悪いロゴマーク その違いとは(ロゴマークラボ)

 

ロゴ作成Q&A

オーダーメイドロゴ
クレジットカード決済始めました!

アルファベット

業種

モチーフ

価格